第2回 動物愛護フェスティバルえひめ2009

2016/07/11
第2回 動物愛護フェスティバルえひめ2009まだまだ残暑が残る9月末。愛媛県動物愛護センターで開催された「動物愛護フェスティバル2009えひめ」 に参加してきました。動物愛護管理法によって毎年9月20日から26日までは動物愛護週間と定められており、動物愛護精神の普及と適正な飼育を推進を目的 としたこのようなイベントが全国各地で行われています。愛媛県では今年で18回目の開催となり、当日は県内の優良飼育者の表彰をはじめ、動物の病気相談や アジリティと呼ばれる犬の障害物競走のデモンストレーションなど、ペットの飼い主もそうでない人も楽しめる、まさに「動物の祭典」になりました。

第2回 動物愛護フェスティバルえひめ2009犬・猫に限らず、ポニー、モルモット、さらにヘビやカメなど様々な動物とふれあえるとあって、 子供連れの家族で大にぎわい。ペットという共通のパートナーを介して、見知らぬ者同士がコミュニケーションをとる光景もとても印象的でした。あいにくの雨 模様の中でしたが、動物に対する愛情ややさしさ、それを参加者が共有しようとする気持ちが感じられる空間がそこにはありました。

第2回 動物愛護フェスティバルえひめ2009まだまだ動物愛護センターが犬・猫の処分場として取りざたされることが多いのも事実。殺 処分数をゼロにするのは相当困難な道のりでしょう。しかし、このイベントこそが本当の意味で「動物愛護センター」と呼ばれる理想的な姿ではないでしょう か。動物愛護フェスティバルに1人でも多くの人が参加することで動物愛護に対する理解が深まり、社会全体としての機運が高まっていって欲しいと思います。

取材協力

愛媛県動物愛護センター
〒791-0133 松山市東川町乙44-7
TEL:089-977-9200
休館日:毎週月曜日(祝祭日の場合は翌日)、年末年始(12月29日~1月3日)
http://www.pref.ehime.jp/h25123/4415/aigo-top.html
  • 最新号

    2017 Summer
    インタビュー:
    雅姫

    最新号インタビュー立ち読み
  • 最新号

    猫と暮らすと幸せになる77の理由

    Collar出版シリーズ詳細・ご購入はこちら