005 増加するペットのがんとその治療について 【井手動物病院/井手規人 院長】

2016/07/11

自分のかわいがっているペットが「がん」と診断されたら、皆さんはどう感じられるでしょうか?信じたくないと混乱したり、絶望したり、心穏やかではいられなくなってしまうのではないでしょうか。
近年ペットの高齢化とともに、がん(悪性腫瘍)を患うワンちゃん、ネコちゃんが増えているように思われます。それは私の身近でも例外ではありませんでし た。実家で飼われていたリンちゃん(ボーダーコリー)は6歳の時乳がん、そして去年12歳で悪性リンパ腫にかかってしまいました。

乳腺腫瘍は犬ではとても多くみられる腫瘍で、文献によると人における発生率の約3倍で、 腫瘍の約半数が悪性、半数が良性といわれています。一般に手術で治療されることが多く、幸いリンちゃんは乳腺を摘出することで完治しました。悪性リンパ腫 もよくみられる腫瘍で、無治療だと1~2か月で死亡するほど経過が速い腫瘍です。しかし、多くは化学療法(抗がん剤)によく反応し、寿命とQOL(※1) は大幅に改善する可能性があります。ただ残念なことにリンちゃんの場合は抗がん剤があまり効かないタイプということがわかったため、積極的な抗がん治療は せず、緩和療法を行い、みんなに看取られて最期を迎えました。

このように「がん」にはいろいろな種類があり、それぞれ違った性質をもっています。ま た、治療には副作用が出ることも、完治しないこともあります。もし自分の愛するペットが「がん」と診断されたとき、どのような治療の選択肢があるのか獣医 師によく相談してください。一緒に最善の方法を探しましょう。

(※1) QOL(Quality of life:生活の質)

病院情報

井手動物病院
松山市久米窪田町878-3
TEL:089-970-1315
診療時間:午前9時~12時半 午後3時~7時
休診日:水曜、祝祭日
駐車場:あり
  • 最新号

    2017 Autumun
    インタビュー:
    キンタロー。

    最新号インタビュー立ち読み
  • 最新号

    猫と暮らすと幸せになる77の理由

    Collar出版シリーズ詳細・ご購入はこちら