006 犬の眼の病気のこと知っていますか? 【中央動物病院/藤原賢 院長】

2016/07/11

飼い主さんがかわいがっているペット(犬)の、眼がおかしい、眼をショボショボさせて痛がっていると心配になったこともあるでしょう。
今回は犬の眼の代表的な病気について中央動物病院の藤原先生にお話を伺いました。

眼の表面に位置する角膜は外来の刺激を受けやすく、炎症、刺し傷、角膜潰瘍など眼の病気が一番多いところです。角膜が障害を受けると激しく痛み、眼をショボショボさせる、涙が流れるなどの症状を示します。
白内障とは眼内のレンズの役割を果たす水晶体が、何らかの原因で白濁した状態です。遺伝、加齢、糖尿病などによって起こります。年齢では6歳くらいから水 晶体の白濁が始まると言われています。1歳までに白内障が見られた場合は遺伝が原因のことがあり、進行が非常に早いことがあります。

コッカースパニエル、プードル、シュナウザーなどが先天的白内障が多い犬種とされていま す。眼の中には眼房水という水が入っており、この水の圧力(眼圧)により、眼の硬さ(張り)や大きさが保たれています。緑内障とは眼房水が溜まりすぎ眼圧 が高くなった結果、眼の痛みや失明を起こす病気です。症状では眼圧上昇による激しい眼の痛みが起こります。また白眼の強い充血、角膜浮腫、散瞳(ひとみが 広がる)などが挙げられます。柴、マルチーズなどは緑内障の多い犬種です。

以上説明したような眼の病気に飼い主さんのペットが遭遇したとき、点眼治療だけで治る場 合、また手術が必要な場合もあります。手術する場合は、手術前に飼い主さんとどういう手術が必要か、なぜ手術が必要か、手術後の飼い主さんの必要なケアな ど詳しく説明していきます。眼の病気は発見の時期が非常に重要です。眼で困ったこと、おかしいなと思ったら、まずは動物病院に連絡してみて、先生に眼の状 態を話してみてください。

病院情報

中央動物病院 松山市中央2-1235-4
TEL:089-923-5273
診療時間:午前9時~13時 午後4時~7時
休診日:日、祝祭日
駐車場:あり
  • 最新号

    2017 Summer
    インタビュー:
    雅姫

    最新号インタビュー立ち読み
  • 最新号

    猫と暮らすと幸せになる77の理由

    Collar出版シリーズ詳細・ご購入はこちら